糖尿病

糖尿病

 糖尿病は、生活習慣病・慢性疾患の代表疾患の一つです。 大抵の患者さんは自覚症状がなく、健康診断等で指摘され診断されます。 日本人の糖尿病の大部分は中年以降に発症し、背景に遺伝も関与するとされる2型糖尿病です。
  糖尿病がなぜ悪いかといいますと、一番の問題は動脈硬化の強い危険因子であることです。 ごく細い動脈硬化病変によって手や足の神経障害(ジンジンする痛みや感覚の鈍麻),眼の網膜症,腎糸球体病変を起こし、 長期的には大きな動脈の硬化を起こし脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めます。他にも感染症に弱くなったり、 血糖が非常に高くなるとケトアシドーシスを起こして強い全身倦怠に陥り入院が必要になります。
 糖尿病の原因はインスリンの分泌が悪くなるためと思われがちですが、インスリンに反応して糖を取り込む組織の反応性が低下する(インスリン抵抗性)病態も重要です。 生活習慣病・慢性疾患であることから、糖尿病は完治が難しく付き合っていく病気です。
  治療の第1歩は食事と運動療法です。適切な量の食事を知っていただき、運動をしてインスリン抵抗性の改善を図ります。 これで充分な効果がないときに、治療の助けとして薬剤の治療を開始します。 糖尿病治療薬には、@インスリンの分泌を促進あるいは分解遅延によってインスリン量を増やす薬剤、 A消化管から等の取り込みを遅らせる薬剤、 B肝臓での糖新生を抑制する薬剤、 Cインスリン抵抗性を改善する薬剤、 Dインスリンそのものを薬としたもの等があります。 これらを適切に使って治療を進めてまいります。

  高血糖を指摘された方、糖尿病が気になる方はどうぞ一度受診してみてください。

なみき内科内科・リウマチ科・糖尿病内科

〒665-0865
兵庫県宝塚市寿町8-24
TEL 0797-87-8739